安心♪注文住宅

安心♪注文住宅

注文住宅は工期次第で値段も変わる

注文住宅は工期が短くなればなるほど、値段が抑えられるという特徴があります。できるだけシンプルな工法を採用すれば、建物の価格を抑えられるのです。工期が一週間短縮できれば、一週間分の人件費がまるまる浮くのでお得ですから、注文住宅を依頼するときには、どのような工法を使うことになるのかまでチェックしておかなくてはいけません。基本的には、鉄筋コンクリート製の建物よりは木造住宅の方が工事期間は短くて済みます。ですから、木造住宅の方が値段も安くなるのです。出来る限り安い家を建てたいという場合には、木造住宅がベストな選択になるのは間違いありません。ただし、木造住宅は火災に弱かったり、寒冷地では気密性が確保できないので暖房費が高くなる傾向にあります。温暖な土地では逆に通気性がアップして快適な暮らしができます。ですから、注文住宅を建てるときには、気候にも注意するのがセオリーなのです。その土地にあった建物かどうかは非常に重要なことです。

注文住宅の工期について

注文住宅は、一般的な建売住宅とは異なり、建築主である建主の意見を設計に反映させて造る住宅となっています。建売住宅の場合は、既に完成している物件を見学してから購入する形式となっていますが、注文住宅の場合は、設計段階で何度も納得するまで打ち合わせん行う必要があり、場合によっては半年ほどの時間を要して設計を行う場合も珍しくありません。ようやく設計が完了して、工事が開始されても、建売住宅では2ヶ月~3ヶ月の工期が一般的なところ、注文住宅の工期はそれ以上必要となることが多くなります。工期が長くかかる理由は、工事中に建主の検査や、確認を行う場合が多く、設計段階で注文した内容が確実に施工されているかどうかを確認しながら工事を進めていく必要があるため、どうしても時間がかかってしまいます。また、施工状況を確認する中で、どうしても変更しなければならない工事内容が発生することもあり得ますので、通常の工事期間よりも長引く傾向にあるのです。

『注文住宅 工期』
最新ツイート

注目サイト

2017/2/2 更新