安心♪注文住宅

安心♪注文住宅

注文住宅は、建築士と何度も打ち合わせをして間取りを決めます

注文住宅は、住む人の好きな間取りにできるということが最大のメリットです。ですから、ハウスメーカーで家を建てる時は、家の設計をするために、建築士と何度も何度も打ち合わせをすることになります。どんな感じの家がいいか、部屋はいくつ必要で、どんな部屋にするのか、家を建てる人の希望の間取りを建築士が聞いて、それをもとに図面や設計図を書きます。そして、その図面をもとに家を建てるといくらになるのか、見積もり金額を出します。家を建てる人が、その図面と見積もり金額に納得ができたら、契約をします。契約までに何度も打ち合わせをして、何度も図面を書き直すこともあります。間取りを決める際に、家を建てる人はこういう部屋にしたい、このくらいの広さにしたい、という意見は持っていても、収納についてはあまり考えていないことが多いものです。また、希望するとおりにすると金額が高くなってしまったりもします。建築士は収納についてもアドバイスをしたり、金額が予算内におさまるように考えたりしながら、お客さんの理想に近い家になるよう、設計をしていくのです。

間取りを自由に変更できるのが注文住宅のメリット

注文住宅がなぜこれほどまでに人気を博しているのかといえば、それは間取りを自由自在に決めていくことができるからです。自分の生活に合わせて住宅の方をコントロールできるのは、建売住宅にはない魅力です。趣味の部屋を作ったりすることも可能なので、高いお金を払うのであれば注文住宅にしようという人が多いわけです。最近は、家の外についてもこだわりを見せられるようになりました。屋上庭園を作ったり、一階部分を駐車スペースにしたりということが好きにできるのです。これによって、駐車場代が浮いたり、庭がなくてもガーデニングができたりします。豊かな生活を送るためには最適なものなので、工務店に相談する人が増加中です。しかも、注文住宅ならコストを極限までカットすることもできます。材質を指定することで、建物部分だけなら一千万円程度で済ませることができます。木造住宅になりますが、お金がないという場合にも素晴らしい選択になります。

pickup

Last update:2017/4/28

『注文住宅 間取り』
最新ツイート